ラタタップよ君はどうして鳥が好きなんだい?

JUGEMテーマ:趣味

 

ラタタップさんはどうして鳥が好きなのですか?

ではその質問にお答えします

 

『 好きだから 』です。

 

ですが、それだと終わってしまうので

今回は角度を変えてわかりやすくその好きを

解説して行きたいと思います。

 

鳥好きにはおおまかに2通りの好きがあると

思います。

 

・生物的に鳥が好き

・カメラの被写体として鳥が好き

 

の2つです。大体両方ともあるのですが、割合

がどっちが多いか少ないかと言う感じです。

 

・生物的に鳥が好き

 

項目ではポケモンGOみたいなイメージの展開に

なります。クエスト要素があるんですね。

 

日本には約600種類の野鳥がいます。

いつでも身近に見る事のできる野鳥から

 

ある季節にならないと見る事のできない野鳥

さらに、ある季節、ある特定の場所にしか

出現しない野鳥もいますし、残念ながら絶滅の

危機に瀕している個体数自体が物凄く少ない

野鳥もいます。文章にするとこんな感じですが

 

簡単に言うとレア度が高いか低いかです。

ですのでポケモンGOを引き合いに出したわけ

なのです。

 

でもゲームと違うのは野鳥はリアルな世界の

生き物で環境と共存して生活しています。

 

エサ、エサのある場所、営巣する場所、好んで

ねぐらにする場所、水浴びする場所等を

環境の中から自分に合うものを見つけ出し、

選んで生活しています。先ほどクエスト要素

 

の話をしましたが、例えば熟した柿を実らせた

樹木があるとします。そうするとそこには

 

メジロやムクドリ、アオゲラ等の野鳥が来る・・

かも知れないと推測できます。簡単な例を出し

ましたが野鳥が好む木の実や種子、花弁等を

 

組み合わせの種類がとても沢山あるので植物

の自生具合から何の野鳥がいるのか推理が

 

できたりします。水場があればそこには水浴び

や水を飲みに、又浅い場所にいるミルワーム

等を食べにやってきます。そんな感じで環境

 

からお目当ての野鳥の所在を推理する事も

できたりします。では実際にどの野鳥がどの

位のレアリティーなのか

 

キツツキの探鳥期さんのページ にとても

参考になるデータがあるので見てみて下さい。

 

このデータと体感できる珍しさは結構ズレが

ありますけども恐らくこんな感じです。

 

珍しい鳥もそうでない鳥も人間のものさしで

決めている事なので全ての鳥を愛する精神で

 

自分は行っています。といいながらジャンルは

小鳥限定だったりします。

 

 

カメラの被写体として鳥が好き。

 

野鳥は目も良くて警戒心が強いです。尚且つ

空を飛び、高い木に止まったり、サイズも

小さかったりするので

 

300mm以上の超望遠レンズをつけていたり

します。そんな超望遠レンズは鳥撮るか

 

スパイ位じゃねーかって位のバズーカー具合

の方もいらっしゃいます。本気でそろえたら

軽く車が買える値段になります。

 

 

ボクはミラーレスのnikon1v2にデジイチの

55-300mmをアダプター仲介して撮影して

います。nikon1は換算倍率が2.7倍なので

 

810mm相当の焦点距離になります。

これで5万行かない位です。で、気になる

写真ですがこんな感じです。


 

 

 

もちろんカメラの設定とか撮影の仕方とか色々

ありますがそこを含めて醍醐味になります。

 

カメラの専門的な話は今回割愛させていただく

として、被写体としての野鳥のココが好きって

所を挙げて行きます。

 

ボクの目から見て鳥は生きるのに一生懸命だと

感じるのです。生まれてきて、巣立ちとかいって

飛べるかわからないのに高い所から飛び降りて

 

腕(羽)とか年がら年中ブンブン振ってるし

食べる、子孫を残す、営むに関しても凄く

 

ハングリーだと思います。なのに凄くカワイイ♪

なので色のついてる希少な鳥も撮影できると

いいのですが、その辺にいる鳥でもLIVE感のある

 

撮影が出来ると凄く嬉しいです。

 

・枝止まり

 

枝に止まってる鳥を撮影します。

鳥の絵を子供に書かせると真横から描きますよね?

あのペタッとした構図をできるだけ避けてあげます。

 

サイドも見える正面よりやや斜めの構図やバック

や斜め後ろからの振り向きとかは枝止まりでも

躍動感があってLIVE感があります。

 

・飛び出し

 

止まってる所から動き出す瞬間を狙います。羽を

止めたいのでシャッタースピードが1/1000以上

あると理想なのですが、光等、条件が限られるので

これまた撮影できたらとても嬉しいですね。

 

・植物と

 

木の実や花、特徴的な樹木の幹や枝、葉などが

バックにあっても絵としてしまりますね。逆に

人口的なモノは少しいただけないかなって感じ

です。カラスやスズメだと逆にハマルけども・・

 

最後に・・・

 

野鳥の写真1枚がポッとインスタグラムとかfacebook

にアップされたりしますが、その1枚にそれなりに

愛情とこだわりを込めているのがほんの少しでも

おわかりいただけたら幸いです♪

 

 

 

photo by latatap
<< 封印したスピーカー掘り起こし | main | ソノヘンズの逆襲♪ >>









blog information

>> Latest art
>> Recent Comments
>> Links





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...