習得が近い事をあらわしている。

また打楽器の話である・・・

 

いつも新しい事に取り組む時、ポジティブな

希望とネガティブな大丈夫なのか?が同居

した気持ちになる。ポジティブな心境は

自分の進化が見える事。

 

ネガティブな懸念は自分の自然なプレイが

変化してしまう事への恐れ・・・

 

過去のエントリー記事をみていただきたい

 

ここでも言ってるのだが、自然に出来る所

まで持っていかないと次のグルーヴや

ダイナミクスをつける段階には行けない

 

何か一個習得するのには常に期待と恐れを

はらんでいるワケなのである。

何でこんな記事書いているかと言うと

 

前回の記事で

 

打楽器のモチベーションがあがらない原因

 

で周りの人に『 どうしたの? 』なんて

反応があったのでこの記事に対しての補足。

 

こういう感じになった時は過去の経緯から

行っても何かの習得が得られるのが近い時。

 

モチベーションが上がらないとはいえ、1日

30分の練習は欠かしていない。心が乗ろうと

乗るまいとやると決めている日課だからだ

 

その中でも変化が見られている。でも気持ち

がついてこない。でも過去の経緯でこの後に

前がパーっと開けた事がだいたいのパターン

だったのできっと今回もそうなんだと思う。

 

photo by latatap
<< 打楽器のモチベーションが上がらないその原因。 | main | 打★BEST10 >>









blog information

>> Latest art
>> Recent Comments
>> Links





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...