カクニケンスケと言うラッパー

JUGEMテーマ:音楽


一緒にstreet freestyleの『 各駅ミュージック 』


と言う路上即興演奏をやっているラッパー

 

『 カクニケンスケ 』を

自身の感想を交えて紹介しようと思います。

 

カクニケンスケの魅力と言うタイトルで一個記事

書きました見て下さい。


もう4年位前になるけど北千住のknockって
ライブハウスでSecret Colorsと言うバンドの

ドラムをやっていました。そこで行われていた
Bigg Switch presents "GROOVERS JAM CYPHER"

と言うバンドもラップも即興ってイベントに彼は
来ていました。ボクはラップの事はわからない

けどもとても打楽器的なリズムの心地よい
ラップだと思い彼がPLAYする時は心が高揚

しました。あるイベントの帰り道2人で何か
やらないかって意気投合。とりあえず路上でって

事で各駅ミュージックがはじまりました。
各駅ミュージックの試行錯誤編は後ほど話す

として各駅ミュージックと平行してカクニケンスケ
は音源製作やラップバトルなど勢力的に活動

しててただイベントに遊びに来てるコ位に
しか思ってなかったのでカクニケンスケでエゴサ

したら動画がわんさかでてきてビックリしたのを
覚えています。



これは超有名なカクニ vs 鎮座DOPENESS
このバトルは贔屓目なしでカクニくんが

勝ってると思ったんだけども・・いずれに
しても大善戦だしなにより曲になっちゃってて

ホントフリスタなの?って一戦です。


カクニケンスケ vs CHICO CARLITO

まだお会いした事ないのですがCHICO CARLITO
さんのリズムの食い方も凄く心地よくてこの動画

発見した時に『おお!』って思いました。

勝敗云々よりとにかくカクニくん絡みの動画は相手
が大物ほど曲として成立してて気持ちよくなると

思いました。


Y.A.Svsかくに 4:51〜

Y.A.S vs かくに 戦です。このバトル程フリーな
感じはないなぁーって思いました。

小節の無駄遣い vs THE ワールド

ですもんね。何もしないで小節を埋める勇気と
斬新さ。ホントにビートに乗せてラップするのが

二人とも好きなんだなぁーって思いました。
そうじゃなきゃあの空白は作れません、きっと♪


カクニ vs ハハノシキュウ 4:56 〜

最近のカクニケンスケは結構ピースフルな展開が
多いんだけど、まだカクニ名義だった頃の彼は

ギラギラのバッチバチって感じで何か違う凄みが
あります。オレこんなイロイロ言われたら3日は

寝込みますよきっと。



てな感じで数々の爪あとを残して今現在もイロイロ
頑張ってるカクニケンスケは曲単位ですが音源も

出しています。







箱での客演も良いのですが、ラップ、打楽器、シンセと

全て即興で起きるスリリングな展開は路上演奏の

 

各駅ミュージックならではだと思います。個人的に

最近の良かった回をまとめたので、良ければ見てみて

 

下さい。

 

カクニケンスケの魅力と言うタイトルで一個記事

書きました見て下さい。

 

 

photo by latatap
<< 一体ラタタップは1日で何種類の野鳥を撮影できたのか??? | main | 機材のチェックがてら >>









blog information

>> Latest art
>> Recent Comments
>> Links





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...