ラタタップ鳥カメラ遍歴

 

youtube用に野鳥動画を撮影しようと

はじめたカメラですが、

 

みんなの前で偉そうにカメラの講釈

たれてますがはじめに持ったカメラが

 

コレですよ!奥さん!!

 

双眼鏡にkodacのカード型カメラを

つけた奴。もうカメラですら無い

 

家にあったものを引っかき集めて

こしらえた自信作なわけであります。



 

もうコレホント人に見せる気あるの

って感じの動画ですね・・・

 

野鳥写真家ラタタップのデビューは

ココからはじまります。

 

双眼鏡はホント手振れ補正等とは全く

無縁だったので三脚が必要だななんて

 

なって次にたどりついたのがコレ

 


写りはこんな感じでした。

 

今見ると

トイカメラかよ!って感じですが

 

当時これでも大満足でした♪

 

ある日japan bird フェスティバルっての

の写真展の写真を見た時に頭をガーンって

 

衝撃が走りました。でもボクはこの撮影

する時のワクワク感まで皆さんにお伝え

 

したいので(お金もないけど)予算を

5万円以内で何とかならないか考えました。

 

それで出た答えがコレでした。

 

 

nikon1 v1に一眼用のレンズがつくアダプター

FT-1とnikkorレンズ55mm-200mmの望遠

 

で行くことにしました。って言うのも

換算倍率 に凄く興味を持って調べたら

 

面白いってこうなりました。詳しい事はリンク

先を見てもらうとして。nikon1の1インチ

 

センサーは換算倍率2.7倍なので200mmの

レンズだと540mmのレンズになると言う

 

計算でした。望遠鏡での1倍、2倍って倍率

は35mmを約1倍と考えるので望遠鏡や双眼鏡

 

的に言うと15.4倍のカメラになったと言う感じ

になりました。

 

 

【bird movie】 CLBW ルリビタキ3

 

描画的にも格段に精細になりました。はじめの

双眼鏡からだいたい2シーズン位経っています。

 

そこから操作のしやすさとかもっと倍率欲しい

とかで現在のnikon1v2 + FT1 + 55-300mm

に変わっていくわけであります。

 



 

今のセットは全部合わせて5万円行かない位。

このセットで森に入ってじいさん達のバブリー

 

なカメラに並んで鳥を撮影しています。

 

 

 

 

photo by latatap

『 即興 』について

即興演奏ってイマイチ浸透していない

感じなのですけども英語で言うと

 

Improvisation(インプロビゼーション)

略してインプロとも呼びます。

 

googleで検索すると

 

台本や打ち合わせが全くなく、その

瞬間に起こったことを受け入れ合い

 

ながら即興で作られていく

エンタテイメント

 

とあります。

 

純度の高いインプロはインプロ以外の

音楽を聴きなじんでるとただ

 

メチャクチャに聴こえると思います。

ボクの好んで演奏する即興はビートを

 

絡めて行く感じです。ビートそのものが

予定調和でインプロ色が少しやわらかく

 

なりますが逆に純度の高いインプロ部分

のパートが生きてきます。

 

今回町田oasisでやったインプロ動画を

2つ掲載します。よかったら見て下さい。

 

 

 

photo by latatap

『 即興 』について

即興演奏ってイマイチ浸透していない

感じなのですけども英語で言うと

 

Improvisation(インプロビゼーション)

略してインプロとも呼びます。

 

googleで検索すると

 

台本や打ち合わせが全くなく、その

瞬間に起こったことを受け入れ合い

 

ながら即興で作られていく

エンタテイメント

 

とあります。

 

純度の高いインプロはインプロ以外の

音楽を聴きなじんでるとただ

 

メチャクチャに聴こえると思います。

ボクの好んで演奏する即興はビートを

 

絡めて行く感じです。ビートそのものが

予定調和でインプロ色が少しやわらかく

 

なりますが逆に純度の高いインプロ部分

のパートが生きてきます。

 

今回町田oasisでやったインプロ動画を

2つ掲載します。よかったら見て下さい。

 

 

 

photo by latatap

apollo卯弦界 と ラタタップ

 

apollo卯弦界さんとoasisで演奏したお話

 

 

曲の合間にやったセッション1です。

ダイナミクス強い弱い、ドライブする、しない

ストップ&ゴー、クイック&スローを意識

しながらも川の様に流れを止めない叩き方

 

を意識しました。途中からリズムと合流します

が前半中盤も実はゴーストモーションを

 

しています。ある一定の法則でしてるみたい

ですが自分でもわかりません。

 

 

二つ目はリズムに少し傾向した即興です。

シャッフルが主なのですが、ここで始めて

 

の試みをします。手を手癖で高速に動かして

元曲の拍をとって着地すると言う奴です。

 

何かまだ精度がイマイチなのですが見えかけた

のと一人でも頭でリズムならしながら

 

できそうな気がしたので今日練習してきました。

もうチョットで見えかけてたのですが

 

スタミナ切れで帰ってきました。あと

今日の相模大野では子供の頃やっていた

 

『 おはやし 』を自分風にアレンジして

叩いてみました。すごく楽しいです。

 

 

 

photo by latatap

打楽器的に実に充実していた町田oasisLIVE 2016

 

JAZZ即興界の重鎮、庄田次郎氏とサシの即興

 

ほっぺたがヒリヒリするほどスリリングな

客演でした。即興大好きなのでホントに実現

させたかった客演です。

 

 

seicoさんのハープと共演

 

ハープにとにかく興味があってどんな音色で

どんな事をするのか興味がありました。

聞きながらアプローチを考え叩けたので

良かったです。

 

 

種岡康裕とラタタップ(種岡知裕)

 

兄弟共演だったのです。最後は雨で中止

になってしまいましたが唄ものもいいなって

思える様になりました。

 

 

apollo卯弦界から健吾くんと

 

即興で尚且つリズムの無いアンビエント系

打楽器でした。ジャンベとワイゼンボーン

の合わさった音が心地よくてとても

良かったです。

 

 

MYM

 

oasisに来たインスト系バンドで1・2を争う

位サウンドが好きなバンド機会があればまた

絶対やりたいと固く心に誓っています。

 

 

ソノヘンズ

 

このユニットでLIVEをしたくてもろもろの

町田oasisオファーを受けました。

 

まだカズ兄のカホンの音色が確変前ですが演奏

は涙が出るほど気持ちよかったです。

 

 

 

町田oasis11回出場の中里学くん

 

学くんは3回共演したんですけども、彼の曲は

とてもパーカッションのツボをついているつくり

だと改めて感じました。唄ものいいなって思いました。

 

 

5th アルバムをひっさげて登場 中村翔

 

曲の最中にダフトパンクのgo luckyに曲が変わったのが

凄くしびれました。多分彼の演奏は永遠に叩いて

 

いられると思いました。

 

 

田中雄也

 

machida oasis LIVEを町田じゃない感じにして

いただけました。この曲ではないけどもソロ回し

なんかもあったりしてLIVEメチャメチャ

 

盛り上がりました。何食ったらあんな元気なのか

教えて欲しいです♪

 

今回ボクが打楽器で関わった人だけを掲載しましたが

出ていただいた演者の方全て素晴らしい方々ばかりで

 

元から掲げていた町田っぽくない感じのクオリティー

のLIVEスペースになったのではないでしょうか?

 

 

まだ何日かありますがもう少しだけoasis LIVEに

お付き合いいただけるとありがたいです。

 

演者の方、お店のSTAFFの方、見に来ていただいた

全てのお客様。本当にありがとうございます。

 

感謝です!!

 

 

 

 

photo by latatap

アメーバ大喜利攻略♪

 

最近アメーバ大喜利と言うのをやりはじめ

ました。お題でボケる奴です。

 

テレビのIPPONグランプリとか好きなら

きっと好きです。やっていく中で自分

 

自身で気づいた自分のボケの傾向を書いて

いこうかなって思います。

 

 

コツは以下の通り。

 

インスピレーションの湧くお題だけ選ぶ

 

長く考えちゃうのはあきらめる

 

斬新なボケは2回ひねる

 

 

では実際に例題で見て行きましょう。

 

 

これはフワッと見て何に見えるかを

そのまま言った感じのボケです

 

 

これは表情に非日常をあてはめた

ボケです

 

 

これは逆に料理番組で聞きなじみの

ある台詞をあてはめています。

 

 

ありえない系のボケです。短い方が

破壊力あります。

 

 

おまえが言うな系のボケです。

 

 

いかにも言いそうな感じとオコメ

って語感がいいボケです

 

 

擬人化です。胸を説明せずに別の憑きもの

みたいにボケました。

 

 

これは前で否定してあとで肯定しすぎる

ボケです。

 

 

あたりまえ体操的なボケです。この

シチュエーションで生きます。

 

 

この子が言わない感じの事で一ひねり

ムーンウォークの名前出さないで

ムーンウォークを連想させて2ひねり

ボケです。

 

 

言った時の語感と単語のコミカルさを

はめました。

 

秋の夜長皆さんも良ければやってみて

下さい♪

 

 

photo by latatap

TKSが出た回のラタレディオに外れなし

 

 

 

 

 

 

photo by latatap

仙人の霞

 

以前oasisでやったワイゼンボーンの山下くん

とのヤツこれまでkengo yamasita & latatap

 

だったのですが、ユニット名決めました。

 

旋人霞(センニンノカスミ)と読みます。音と

幻想的なニュウアンスから決めました。

 

8/22のLIVEが台風で中止になったので

8/28(日)の18:00からLIVEします。

 

 

まだユニットになってなかった頃のプレイの

動画貼っておきますのでいいなって思った人

 

見に来て下さい。全曲即興演奏です。

 

 

photo by latatap

雨をこれほど疎ましく思った事は無い

最近の雨で大事なライブが流れている。

明日も雨らしくまたライブが流れる。

 

ホントに見てもらいたいライブだったので

物凄くこの雨が疎ましい。でもまた体さえ

 

健康だったら仕切りなおしてやればいいだけ

いつか出来る日を信じて頑張っていこう。

photo by latatap

blog information

>> Latest art
>> Recent Comments
>> Links
← new 1/205 old → >>





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...