結構前から思っていた事だけど。

打楽器の一人フリスタ演奏ってラップ

のフリスタに似ている。そりゃそうだ。

 

言葉(歌詞)とメロディーが無いので

ラップで言う所の rhyme - (ライム、韻)

 

は無いが flow - (節回し、歌い方)は

物凄く沢山ある、ありすぎて困る位。

 

そして当然なんだけど、どんなに変則に

しても王道でも手数が増えても減っても

 

on click リズムがよれないと言うのが鉄則

複雑で手数が多かったり、複雑なつなぎ方

 

は習熟レベルをこう決めている。

 

1 10回に一回キマる

2 5回に一回キマる

 

3 2〜3回に一回キマる

この段階で流れに組み込んで練習する

けど本編では使わない。

 

4 ほぼ毎回キマる

コレまだ実は自分のものになっていない

前後のビートやフレーズがどんなものに

なってもon clickにならなければ使えない。

 

5 勝手に出てくる。

この状態を目指します。頭で考えたと同時

に手が勝手に動いている感じ。

 

こうやって繰り返ししつこくしつこく地味に

しつこく練習してフレーズやつなぎを自分の

ものにしてく。

 

話が横道にそれたけどRAPの練習も結構

こんな感じなのかなって思ったりして。

 

フレーズ一個一個を想像して次何しようか

では無くて、頭の中に

 

粒多い群 空間多い群 ビート感群

ブリッジ群 みたいな群れがあってそれを

 

想像してシュっと出してきて使う感じ

フレーズの種類は物凄く多いので一個一個

 

で考えてると頭が追い付かない。

 

丁度格闘ゲームの技をつなぐ感じに似てるかも

知れない。

 

 

 

 

photo by latatap

路上演奏で嬉しい事。

JUGEMテーマ:音楽

 

 

路上演奏をやっていて嬉しい事って

のを書いてみます。結構あります。

 

・大きく理解を示してくれた時。

 

実は投げ銭と同じ位嬉しい事だったり

します。打楽器だけで路上演奏してると

 

『 ギターとか唄とかいないとダメだな 』

って貴重なご意見をいただく事がある

 

のですが、ボクがそう思っていなくても

『 ありがとうございます、そうかも

知れませんね… 』

 

って言うようにしています。音楽観て

その方々の主観なので何が正解なんて

 

無いので見て思う事はホント自由で

構わないと思います。ですが音楽観

 

が違うので心の距離が縮まる事は無いと

思うので残念だなぁーって思います。

 

逆に心の距離が縮まる人って言うのは

 

『 不正解が無い 』

 

と言う考えの元、僕の演奏を楽しんで

下さったり、声掛けしてくださったり

 

する方です。そういう方はタイコ演奏

の背景にある意図何かにも触れてくる

 

のでおのずと心の距離が縮まります。

最近はありがたいことに一回演奏すると

 

一人か二人はそういう方がいらっしゃる

ので楽しみだったりします。

 

 

photo by latatap

ジャンべと何かのミニトラック

Lata Tapさん(@lata_tap)がシェアした投稿 -

Lata Tapさん(@lata_tap)がシェアした投稿 -

photo by latatap

即興演奏が好きです。(長文です)

小さい事にフォーカスを当て続けていると

わからなくなる事も俯瞰でとらえたら

 

わかったりするものだなと最近思います。

 

音楽に限らずダンスや大道芸等々、全て

エンターテイメントだと思うのですが、

 

共通してるのが『 空気を作る 』と言う事

だと思います。場の空気とか良く言いますが、

 

ホントにソレで特に音楽に限って言えば

空気が振動して人の耳に入るのが唯一の

 

手掛かりだったりします。これは主観に

なりますが、思えば僕の路上演奏は相方の

カズ兄も含め、

 

技術の向上→良い演奏をする→初めて見た

人に刺さる演奏をする・・・から

 

『 空気を作る 』

 

に変わっていったと思います。

 

僕らは打楽器のみのアンサンブルで即興を

しています。メロディーが無い、曲でも無い

 

そんな音楽で一般ウケされる要素が皆無の

中で正に『 暗中模索 』状態でした。

 

でも逆に燃えました。打楽器のみの音で逆に

言えば制約だらけの状態でどうやって空気を

 

作るのか。しかも即興なのでダイレクトに

空気に直に触れてこねくりまわしてる感じ

 

です。リズムがよれたり、手がもつれたり

したらいきなり事故の状態でリラックス

 

しながら自分達の意向をその場で瞬間的に演奏

に取り入れて

 

『 空気を作る 』

 

一度空気ができてしまうと自分達の演奏なのに

客観的に音楽として聴くことができます。

 

マラソンで言う所のランナーズハイみたいな

ものなのでしょうか?

 

とにもかくにも直接的に空気を作れる今の即興

のスタイルをやってて良かったなと思いますし

 

これからも即興演奏を主戦場に色々展開して

行こうと思います。

 

 

 

 

これから路上演奏の場所を大和駅メインで行って

いたものを町田駅連絡通路メインにします。

 

金曜の21:30〜大体やっています。パターンと

しては・・・

 

1 僕一人のラタタップジャンべ即興

2 カズ兄と2人でソノヘンズ

3 ソノヘンズとハンドパンのテラサキレン

 

 

2018年もラタタップをよろしくお願いします。

photo by latatap

一か月間クマを被って打楽器を叩いた感想♪

 

どもラタタップです。ハロウィンのチョット前から

なので約1か月間ダッフィーのパチモノくまの

 

被り物を被って大和で演奏した感想と、被って

いない時の違いを書きます。

 

 

被っていないで演奏していた時の立ち止まったり

投げ銭入れてくれた人達は

 

・30過ぎ位の過去か現在何らかの楽器演奏経験者

で自分の演奏遍歴や好きなアーティスト等を語る。

 

・飲んだ帰りの会社員の集団が目の前を叫んだり

踊ったりしながらちょっかいだしてくる。

 

・外人が遠巻きに見てて、あるていど見た後

近づいてきてナイスプレイみたいな事言って投げ銭

入れて去っていく。

 

 

クマを被って演奏した時の立ち止まったり

投げ銭入れてくれた人達は・・・

 

・3〜5歳位の子供連れのママやパパは間違いなく

立ち止まる。2分は見ていく。投げ銭は大体10円

 

・女子高生の集団が立ち止まって『あれダッフィー

じゃない?』『ちがうよ・・何か違う・・』みたいな

事を行って去っていく。

 

・女子高生もしくは大学生、社会人?の女性がクマの

顔をなでる叩いていてもいなくてもなでる

 

そして叩いていてもいなくても記念撮影を隣に並んで

する。5人いれば5回する。いいですかー?って

聞いてくるがだいたい『いいですよー』って言う前には

 

隣にならんで撮影が始まってる。で、投げ銭はない。

 

・飲んだ帰りの会社員の集団が目の前を叫んだり

踊ったりしながらちょっかいだしてくる。

これはクマ被ってても素顔でも同じ、ただし投げ銭は

モリモリ入る。大人はやっぱり凄い。

 

 

感想としてはクマ被ってたら打楽器叩けても叩け

無くてもチヤホヤはされる事がわかった。

 

クマ人気が凄すぎてガッカリさせちゃうのが嫌で

『クマ取ってください』って言われて取りたくても

 

取れない。自分が客ならカワイイクマから中年の

オッサン出てきたら確実にガッカリするだろうから・・・

 

 

と、まぁー一か月クマ被って叩いた感想だったわけ

ですがこれからもクマ被っていこうと思うので

 

温かく見守って下さい。

 

 

photo by latatap

ラッパーカクニケンスケの魅力

JUGEMテーマ:音楽

 

スゲエタイトルだけどもう彼との路上演奏も5年に

なるので書いてもいいかなって思います。

 

完全に打楽器でリズムに関わっている人間の

個人的な見解なので『 ふーん・・・ 』位で見て

 

もらえたらと思います。

 

彼の特徴として3連の転調やストップ&GOや倍速

みたいなフリーキーなフロウが挙げられるのですが、

 

ボクは実はそうでは無いと思っています。

 

じゃあ何か、音ハメです。音ハメってラップ

何だからハメるのあたりまえじゃんって思った

 

と思うのですが、ドラムやカホン、ジャンべ、

あとトラックのビートと馴染みがいい発声って

 

いうのがボクはあると思っていて、文字で言うと

 

『 ばびぶべぼ 』

『 だぢづでど 』

『 がぎぐげご 』

等の鼻濁音

『 ぱぴぷぺぽ 』

等の鼻濁音

『 かきくけこ 』

『 たちつてと 』

等のエッジのある子音

 

コレらを含んだ言葉のリズムに対する噛み合い方

が非常にタイトなんだと考えます。

 

で、エッジのない

『 あいうえお 』等の母音

『 さしすせそ 』

『 はひふへほ 』

等も彼の場合声質のおかげ

でエッジが出ます。

 

リズムのハメ方もクイック ジャスト ルーズ

の中ではリズムのピントがあってる一音の

出だしの所を捕まえるクイックが多く、

 

本人は意図してるかどうかわかりませんが

ジャストもルーズも曲調で混ぜてきます。

 

対戦相手がいるバトルや自音源を携えての

ショーケース、等色々な発表の場があると

 

思うのですが、一番凄いカクニケンスケは

セッションの様な肩の力が抜けた場で客でも

 

バトルの相手でも無く、自分が音楽を楽しむ

為にするラップなんだと確信しています。

 

トリッキーな方向に持っていかなくても普通

のラップのリズムの食い方がホントにヤバイ。

 

凄い楽器演奏者とセッションしている感覚に

いつもなってます。

 

それを見ることができるのが・・・

 

各駅ミュージックです。11/4(土)20:00〜

池袋西口公園でやりますので、この記事の

 

内容なんかも踏まえながら見たりすると

カクニケンスケを更に楽しめると思います。

 

 

 

 

photo by latatap

ラタタップの厳選打楽器動画をじっくり見たい人向け記事

JUGEMテーマ:音楽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

photo by latatap

ラップもタイコもフリスタ 各駅ミュージック超個人的ランキング♪

JUGEMテーマ:音楽

 

 

まず各駅ミュージックの説明から

 

ラッパーのカクニケンスケとハンドドラマー

ラタタップがラップもタイコもフリスタで

路上演奏するって奴。

 

2012年の夏から月1でやっていて冬はラップの

口が回らないのとタイコの手が動かないので

お休み・・・って言うか寒いから休み

 

で、回数も32回やっていてまぁー色々思い出

も振り返りつつ、超個人的BEST10を決めて

みたいと思う。

 

 

第10位

 

 

各駅ミュージック記念すべき第1回目の高円寺

路上です。カホンとミニジャンべで挑んだわけ

ですが、カクニケンスケのラップにただただ圧倒

されて終わりって感じの回でした。

 

2017年の今とやってること全然違う・・・

 

第9位

 

 

vol.4の大森でやったフリスタカクニワールド全開

のこの曲は全員フリスタなんだけどこの曲、

再現できたらなぁーって今も思っていて自然発生

的にできたわりに出来すぎだろーって思います。

 

漫画家のオカノハジメ氏がkaossiratorを持参して

きた事でこの後ラタタップにシンセワッショイ

時代がやってくるのであった・・・

 

画像が悪いのは、カメラが超悪いためです。

 

 

第8位

 

 

赤羽の奴トランペットの石川寧様が同行してくれてた時

してくれていました。その中でもまぁーイイ感じの奴

 

 

第7位

 

 

東京駅の奴、カクニケンスケのラップが各駅ミュージック用

みたいにだんだんなってきて、僕のカホン+シンセ

 

スタイルもしっくりきはじめた感じの頃まぁーでも今とは

やってる事全然違うわけで・・・

 

 

第6位

 

 

新橋でりえこさんとカズ兄がゲストで来た時の奴

カクニケンスケは安定してるんだけどこの時実は

 

打楽器やめようと思っていたほど行き詰っていた

後にカズ兄と色々取り組んでそれは無くなった。

 

 

第5位

 

 

これは去年の2016年の夏に町田でやった奴。打楽器

叩くのがまた好きになって来た頃。カクニケンスケ

 

のラップも安定している。てかもうこれ曲じゃん

 

 

第4位

 

 

結構最近目の奴、僕があらかじめループトラックの

打楽器抜きを作ってそれにあわせて叩くって言う

で、それにカクニケンスケがラップ乗せるいままで

 

無かったパターンの奴。この頃は打楽器のユニット

も円熟さを増して、更に個人でも即興で色んな

 

演奏家と演奏する機会が増えたっていう・・そんな

時期。

 

 

第3位

 

 

成増でやった奴、もうこのテイクはカクニケンスケ

の対応力にただただ脱帽。僕は7拍子の8分と16分

混ぜて叩いてるんだけど。ゴキブリの様に並走

 

してくるラップ、フローもカクニケンスケの個性

何個か前のメロウな奴と同じ理由で再現できたらなぁ

 

って思っています。

 

 

第2位

 

 

一番最近やった下北沢。コレはもうシンセとかアンプ

とかつかってなくて楽器がジャンべの生音のみ。

 

実に男らしい、ひと昔前なら恥ずかしくてジャンべ

だけとかカホンだけじゃできなかったけど

 

しこたま練習して自信もついたので実験的にやってみたら

どはまりしたわけであります。

 

 

第1位

 

 

未だに結構前にやったこのテイクが一位です。

タイコから説明するとわかりやすい3打を必ず

 

入れてそれ以外はフリー、とにかくカクニのラップ

とガッチガチに噛み合ってたって今も思ってます。

 

全体的に思う事は各駅ミュージックの時の

カクニケンスケのラップはホント

クソカッコイイと思っています。

 

 

近いうちに池袋西口公園やりますのでチェックして

遊びにきてやって下さい。

 

 

 

 

 

 

photo by latatap

こないだのアイドルのファンになった 記事の続き・・・

エンタメって、人を楽しませるって

何だろう???

 

なんて思いながら、今後自分もPVを

撮影するに当たって参考にする為に

youtubeで色々なPVを見漁っていた。

 

打楽器の技術や表現の範疇でのエンタメ

ならわかるんだけど、他分野と言うか

 

人を楽しませるってホントわからない・・

それで色々見ているうちに

 

『 あーコレ見せ方うまいなー 』

 

みたいなのがチラホラ出てきたらもう

アイドルの渦の中にいた・・・

 

でもリアルで会えるわけでもないただ

その辺の人よりもカワイイ人なんかに

 

自分がどうにかなるわけない・・って

思っていた。で、

 

このPVと言うか作品を見てもらいたい。

 

 

衝撃的だった。好きとか嫌いとかってより

もうただただ凄いと思った。その後調べた

 

伊藤万理華さん

 

お母さんがファッションデザイナーで

お父さんがグラフィックデザイナー、苔と

鉱物、サビ、廃墟、ファッション、イラスト

が好きだとか・・・

 

スゲエ!スゴすぎる!俺の中で若い娘への

苦手意識がガラガラと崩れた。

 

他のPVも凄く中毒性のあるものだったので

一気に引き込まれた。一過性のものなのか

 

まぁー自分にこういう気持ちがあったのは凄く

発見だし良かった。結構冷めてる部分が

 

あったりするので、久々に熱くなった。

photo by latatap

blog information

>> Latest art
>> Recent Comments
>> Links
← new 1/205 old → >>





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...